眼科で白内障や緑内障を治療する【アイケアのススメ】

定期健診が重要

病院

受診が増えている理由

白内障や緑内障は、老化現象によって誰にでも起こりやすい目の病気だと言われています。特に白内障は、歳を取ると多くの人が発症しやすいと言われているため、眼科受診がお勧めです。症状としては、視力が低下したり、ぼやけて観えるようになったりすることがあります。これらの症状を感じることがあれば、早急に眼科を受診した方がいいかもしれません。一方、緑内障は白内障のように症状が現れにくいため、定期的に眼科検診をすることが最適です。早期に発見し、早期治療をした方が失明の危機をまぬがれることができるからです。どちらにしても、メディアなどの情報もあり、最近は眼科受診をする人が増えてきています。そのため、比較的、早期発見による早期治療ができるようになってきています。

日帰りでできる

白内障や緑内障と言うと、昔は失明する目の病気として認識されていました。しかし、現代では早期発見によって早期治療となることから、必ずしも失明する病気ではなくなってきています。何らかの目の違和感などで眼科を受診し、たまたま、白内障や緑内障を発症していることが分かったという人も少なくありません。会社の健康診断などでも眼科検診があるからです。また、最近はパソコンやスマートフォンなどを利用する人が増えてきていることから、目の疲れを感じている人が多くなっています。急激に視力が低下し、メガネやコンタクトを作るために眼科を受診するという人も少なくありません。結果的には、このような受診で病気の発症を早急に知ることができます。それから、日帰り手術も多くなってきているため、治療の負担も随分と軽減されてきています。