眼科で白内障や緑内障を治療する【アイケアのススメ】

目の治療も進歩している

目元

いかに早く気づけるか

目の病気と言えば、多くの人が白内障と緑内障の2つを挙げることでしょう。名前が似ているこの2つの病気も、発症メカニズムはまったく異なります。どちらも症状が通常ゆっくりと進行し、放置しておくと最終的には失明に至るという点では共通しています。目の水晶体が濁る白内障は、高齢者がかかる目の病気の代表格と言えます。水晶体が老化してくると細胞内のタンパク質が変質して透明度を失い、光を通しにくくなってしまいます。早い人では40歳頃から症状が進み始め、80歳以上の大半は多かれ少なかれ白内障の状態にあると言われています。眼圧の高さなどが原因で視神経が傷つく病気の緑内障も、40歳を過ぎてから症状がゆっくりと進行する例が多いものです。眼圧が正常でも高齢者は視神経が脆くなっているので発症しやすくなります。白内障も緑内障も初期段階で治療を開始すれば症状の進行を食い止めることは十分可能です。どれだけ早く気づけるかという点が、視力や視野を維持して行く上でも大きな鍵となるのです。

日帰り手術も可能に

白内障はかつて失明率の高い病気でしたが、今は手術によって治療が可能になりました。濁った水晶体を取り出し、人工レンズと交換することで視力を取り戻せるのです。手術を行う眼科医の技術も全般に向上しており、手術と言っても患者への負担は小さくなってきました。眼科によっては日帰り手術が可能なところも少なくありません。緑内障の場合は視神経の機能を取り戻すことができませんが、手術によって眼圧を下げることは可能です。眼圧さえ下がれば、それ以上視神経がダメージを受けることもありません。症状が軽い場合は手術を受けるまでもなく、点眼薬やレーザー治療でも眼圧を下げられます。特にレーザー治療は手術より負担の軽い方法で効果的に眼圧を下げられるため、近年人気が高まっています。白内障でも緑内障でも症状がある程度進行していれば手術が必要になりますが、早い段階で発見できれば負担の軽い方法で視力や視野を維持することができます。いずれも自覚症状がほとんどないままゆっくりと進行しますが、定期的に眼科を受信して検査を受けていれば早期発見も十分に可能なのです。