眼科で白内障や緑内障を治療する【アイケアのススメ】

加齢による目の疾患

ウーマン

早期発見が喚起される予測

白内障と緑内障は、加齢によって発症する目の疾患です。白内障の症状の特徴は、目の水晶体が白く濁って視界が白くぼやける点です。近年、白内障に関しては日帰り手術で回復を図ることができます。一方、緑内障は視神経の異常によって生じます。主な症状は、視野の欠損です。欠損の範囲は、症状の進行とともに拡大していきます。白内障と緑内障については、今後は早期発見が喚起されると予測できます。どちらの疾患も予防は困難ですが、早期発見と早期治療によって視力を回復を期待できます。そのため、医療機関ではチェックシートなどを用いて、自覚症状の有無を確認する活動を実施しています。そして、少しでも気になる症状があれば受診を促しています。このような活動は、今後も活発に展開されるでしょう。

定期健診で目の健康に留意

白内障や緑内障の早期発見するにあたって気をつけるべき点は、定期健診で目の健康に留意することです。白内障は、視界がぼやけることから始まります。そのため、視力が低下したと勘違いしてしまいがちです。また、片方の目の見え具合がおかしくても、両目で見る分には不自由しないこともあります。よって、自覚症状がないまま病状が進行する危険性があります。緑内障は、近眼の人に多く発症します。近年、パソコンやスマートフォンの普及にともなって、近眼の人が爆発的に増加しています。その結果、将来白内障になるリスクが上がっています。白内障や緑内障は、40代以降の人には誰にでも発症する可能性があります。よって、ある程度の年齢に達したら、自主的に目の定期健診を受けるように注意します。