眼科で白内障や緑内障を治療する【アイケアのススメ】

目の治療も進歩している

目元

白内障と緑内障は目の病気の代表格です。現在では治療技術も向上しており、早期発見できれば失明することもありません。白内障は人工レンズと交換する手術で視力を取り戻せます。緑内障も眼圧を下げる治療で視野を維持できます。いずれも定期的な検査で早期発見できます。

More Detail

早期発見で症状進行を抑止

診察室

加齢で高まる発症リスク

目の病気の中でも白内障と緑内障は特に患者数が多くなっています。人間の目が老化すると、老眼だけでなくさまざまな原因によって視力が衰えてくるものです。この2つの病気は加齢によって発症リスクが高まるため、年齢が高くなるとだれでもかかる可能性があります。白内障は目の中にある水晶体というレンズが濁る病気です。長年酷使してきた水晶体が老化によって光を通しにくくなり、視力が低下してしまうのです。症状はゆっくりと進行して痛みもないため、ほとんど自覚症状がありません。気づいたときには症状が相当に進行しているケースが多いのです。緑内障は目の奥にある視神経が傷ついしまう病気です。眼圧が高かったり視神経が脆くなっていたりすることで発症しますが、年を取ると視神経はどうしても弱くなるものです。同じく無症状でゆっくりと進行することが多く、気づくのが遅れがちです。

早期発見でQOL維持を

白内障も緑内障も長い間放置していて症状が進んでしまうと、そのまま失明してしまう恐れもあります。どちらも重症化すると手術が行われる点では共通していますが、大きな違いもあります。白内障では濁った水晶体の代わりに人工レンズを装着することで視力を取り戻すことができます。緑内障の場合は一度傷ついた視神経が元に戻らず、人工物と交換するわけにもいきません。手術は眼圧を下げてそれ以上視神経へのダメージが拡大しないことを目的に行われるのです。白内障は手術による治療が可能と言っても、初期段階で発見されればその時点で症状の進行を食い止めることができるため、治療の負担はずっと軽くなります。緑内障も同様に早い段階で発見できれば視神経の損傷も最小限にとどめることも可能です。今の眼科では検査技術が大きく進歩しており、白内障も緑内障もごく小さな兆候を見逃しません。定期的に眼科を受診して検査を受けてさえいれば、QOL(生活の質)を維持したまま今まで通りの生活を送ることもできるのです。

定期健診が重要

病院

白内障や緑内障は老化現象によって発症することがあります。定期的に眼科検診を受けることがポイントです。早期発見による早期治療で失明することもなくなってきています。目の疲れや視力低下などで眼科を受診し、たまたま分かることもあります。

More Detail

加齢による目の疾患

ウーマン

白内障や緑内障は、今後において早期発見の啓発が盛んになると予測されます。また、これらの疾患を早期発見するにあたって気を付けるべき点は、目の健康に留意することです。よって、40代を過ぎた人は、自主的に目の定期健診を受けるようにする必要あります。

More Detail